精神科漢方セミナー inやまがた

「こころとからだに効く漢方」

飯塚病院 東洋医学センター漢方療法科  吉永 亮 先生

9月9日、山形さくら町病院を会場に「精神科漢方セミナーinやまがた」が開催された。

本セミナーでは、日本でも珍しい「漢方診療科」がある飯塚病院(福岡県)から吉永亮先生をお招きし、「こころとからだに効く漢方」と題して講演を頂きました。

精神科を受診される患者さまから多く聞かれる訴えである「全身倦怠感」の鑑別を通じて漢方治療の考え方を学びました。全身倦怠感の原因となる各々の証の考え方から、その証に適した漢方薬の選択、更には先生が経験された実際の症例等も交えながら、各々の状態に適した漢方薬がイメージしやすいよう、分かり易く説明して頂きました。

医師を中心に、薬剤師、コメディカルスタッフなど40名近い参加者があり、この分野への関心の高さがうかがえるセミナーとなりました。

講演の途中で設けられた質疑応答の時間では、様々な質問が出され、予定されていた講演時間を大きく延長して頂く結果となりました。また、講演終了後も参加者からの更なる質問に丁寧にご対応頂き、吉永先生には深く感謝申し上げます。

今後の益々のご活躍をご祈念申し上げます。

写真_精神科漢方セミナー inやまがた

ページ上部へ戻る