共同住居(アパート)

共同住居の目的

  • 症状が安定しており、地域社会において社会訓練や生活援助等を行い、受け入れ条件が整えば退院可能である利用者に対しての訓練の場
  • 自立生活と社会参加を促し社会復帰を図る

共同住居の紹介

唯単に居住するというだけではなく、共同住居を利用して調理実習等をすることによって現実を認識することができます。

実際に利用する場で訓練することにより、取り巻く環境等を理解することが出来ます。 より現実に近い状況を作り出して、不安感を少なくすることによって「私にも出来そうだ」という認識を持ってもらうことが大切です。

ページ上部へ戻る