薬剤科

納得し、安心して服用してもらう

精神科の薬は、依存性がある、長期間飲む必要がある、と負のイメージが先行しがちです。確かに目に見えて傷が治るでもなく、一定期間飲まなければ効果の出にくい薬もありますが、近年、精神科の分野でも新薬が開発され、第二世代抗精神病薬やより安全性の高い抗うつ病薬の使用が可能になり、入院せずに外来通院で治療ができる場合もあり、早期治療の大きな助けとなっています。

当院では、救急入院病棟・急性期治療病棟で月一回のお薬講座を行っており、ご利用の皆様とのコミュニケーションを重視しお薬に対する疑問や不安の解消ができるよう心がけております。

薬剤科では、薬による治療が円滑に進むようご利用の皆様への支援を行っています。

写真_薬剤科の様子写真_薬剤科の様子

ページ上部へ戻る